牧師のコラム「ボクシ・ボイス」

毎週日曜日に教会でお配りしている「週報」に、横田牧師が載せているコラム「ボクシボイス」をご紹介します。

最新の3記事をご覧いただけます。

ボクシ・ボイス

No.189 6月9日
昔カルト化した教会に集っていたことのある方が、その教会が最も強調していることは「神の御声に聞き従うこと」と言っておられるのを聞いて驚きました。なぜなら私たちの教会も同じことを強調しているからです。では、私たちもカルト化しているのでしょうか、いや、いやそんなことありません。そんなことに決してなりたくありません。では何が違うのでしょう、先週私は考えました。パウロはテモテに 「俗悪で愚にもつかない作り話を避けなさい。むしろ、敬虔のために自分自身を鍛錬しなさい。」(Ⅰテモテ4:7) と言っています。テモテへの手紙の中でパウロはテモテに何度も敬虔の大切さを教えています。「敬虔」とは神を敬い尊ぶ心です。「敬虔」はどのように育まれるでしょう、それは私はじまりではなく神さまはじまりで、神さまはどのようなお方で、私にどのように接しておられるのか、敬虔はそこから芽生えます。『境界線~バウンダリーズ~』(ヘンリー・クラウド、ジョン・タウンゼント著/地引網出版)という本の中に、「神は私たちの『ノー』を尊重されます」とありました。皆さん、神さまに対しても「ノー」と言えるのは大事です。聞き従うことの真逆ですが。以前、幼児が成長の過程で通る「イヤイヤ期」は大事だと習いました。ノーと言える人格の成長は健全です。またノーと言えるのは、ノーと言っても受け入れてくれるという信頼があるからです。私たちは父なる神の子どもで、僕ではありません。時にノーと言います。しかし、そんな私に神さまはどのように接しておられるのか、そのことをみことばと敬虔な人を通して体験的に知っていくことにより、私たちのうちに真の神を敬い尊ぶ「敬虔」が育まれます。さて、先程の本の中に、「ノー」を言える自由からのみ本当の「イエス」が生まれる、とありました。本当にその通りです。教会の中にノーと言える自由をどこまで守れるか、それは牧師である私の大切な取り組みなのです。
>> 続きを読む

No.188 6月2日
前回のボクシ・ボイスでは、ネットの口コミ評価が普及した今日、周りの人たちが宣伝してくれる時代となったと記しましたが、先日同じような嬉しい出来事がありました。先週の日曜日の夜は栄町住民である佐伯さんと私で栄町町会の総会に出席しました。総会は粛々と進み、決算報告の時のことです。「練馬グレースチャペルさんが栄町会館を日曜礼拝の場として一年間使用してくださったことにより、収入が大幅にアップしました!」と担当の方が言ってくださったのです。町内会の会館で一年間キリスト教の礼拝が行われたことに何の違和感もなく。なんとも不思議で、また嬉しかったです。 さて、総会の後は懇親会で、乾杯を皮切りに賑やかなひとときがありました。私たちは町会の方々と知り合い、打ち解け、商店会の現状や将来のことなど、色々お聞きすることが出来ました。さて、宴もたけなわ、司会の方(ゆーゆーロード商店会のお花屋さん)が、今年の盆踊りや夏祭りの担当の方々にマイクを振って、それぞれがスピーチをされ、今年も皆で栄町を盛り上げていこうと、とても良い雰囲気になりました。すると最後に司会者の方は、練馬教会のことを話し出しました。「栄町会館を使ってくださった練馬グレースチャペルさんは、この度、大変お洒落な教会が完成しました。皆さん、武蔵大学の前の教会ですよ。6月2日にはお披露目会があるそうです。それでは牧師の横田さん、一言お願いします」突然マイクを渡され面食らいましたが、私は改めて会館を使用させていただいたことへのお礼と、お披露目会のご案内をさせていただきました。持参したチラシもすべて配ることができました。司会者の方は「練馬グレースチャペルさんは栄町の一員なので皆さんよろしくお願いします」とも言ってくださいました。嬉しかったです。栄町の方々にも豊かに用いられる新会堂でありたいとつくづく思いました。
>> 続きを読む

No.187 5月26日
先月、息子の誕生日プレゼントに自転車を買ってあげました。もう変身ベルトではなく自転車が欲しいとい言ってきた息子に、お~、成長しているなと、私たち親はその要望に答えるべく、先ずはどこで自転車を買うか考えました。で、近頃の親がそのために向かうのがインターネットで、妻は、おもむろにGoogleに「江古田自転車屋」と入れると、瞬時に江古田の自転車屋情報が画面に羅列されます。次に注目するのは各自転車屋の口コミ評価、つまり、★の数です。店を利用した人は店に点数を入れ、仕事の質、接客態度、店の雰囲気など、自由に評価や感想を書き込む仕組みになっていて、それらを見ると、自転車を買うべき店がおのずと導き出されるわけです。 息子の誕生日の夕方、私たちは最も評価の高かった自転車屋に向かいました。途中、数件の自転車屋を通り越して着いた自転車屋は、立地条件は決して良いとは言えない、中規模の至って普通の自転車屋でした。青いツナギを着た店主が、油汚れの黒ずんだ手で忙しそうにお客さんに対応しています。私たちも店主にその旨相談し、息子は自転車を決めました。朴訥とした、しかし優しく誠実に対応してくれる店主さんでした。夜7時過ぎなのにお客さんがひっきりなしです。ある客は「8時過ぎに来ても大丈夫かな?」と言うと、店主は「大丈夫ですよ。うち遅くまでやっているので」と答えていました。サイトでは19:30閉店と載っていたのですが。その店主さんは失礼ながら宣伝上手には見えません。しかし周りの人が宣伝してくれるのです。ネットを介してそれは世界中に。ある方がネットの口コミ評価について「正直者が得をする時代になった」と言っていましたが、本当にその通りです。もし、教会の口コミ評価もあったら、NGCは★幾つになるでしょう?これまで、私たち教会は福音を宣べ伝えてきましたが、今や、福音に生きることこそが最も伝わる時代となったのです。正直者が得をする時代となりました。  
>> 続きを読む

牧師:横田義弥

過去の「ボクシボイス」もご覧いただけます。以下のリンクより別ウィンドウが開きます。