牧師のコラム「ボクシ・ボイス」

毎週日曜日に教会でお配りしている「週報」に、横田牧師が載せているコラム「ボクシボイス」をご紹介します。

最新の3記事をご覧いただけます。

ボクシ・ボイス

No.107 10月29日
先週10/21(土)22(日)は「グレースネットキャンプin南三陸」でした。西仙台、新潟、清瀬、練馬、船堀、大阪と各教会から集まり、西仙台の中澤先生が音頭を取ってくださって、東日本大震災からの復興状況を見学し、商店街で名産を買い物し、語り部さんから当時のことをお聞きし、そして東北キリシタンの史跡を廻りました。とても有意義で感銘を受ける二日間でした。そのうちの一つの「感銘を受けたこと」を記したいと思います。 土曜日、南三陸町の「ホテル観洋」での夕食の時、中澤先生は、三浦美香さんという方を私たちに紹介してくださいました。三浦さんは、あの日、従業員として働くホテル観洋で被災されました。そこからの“戦い”を切々と話してくださいました。三浦さんは復興のプロセスの中で中澤先生と出会いました。そして昨年5月に洗礼を受けられました。三浦さんは言いました。「私は、それまで宗教とは通過儀礼(冠婚葬祭)としか見ていませんでした。しかし中澤先生と出会って、宗教は心の支えであることがわかりました。また、中澤先生ご家族が被災者の方々に仕えておらえる姿をとおして、私もこのようになりたいと思いました。そして、その神さま、主イエスを信じ、洗礼を受けたいと中澤先生に申し出たのです。」 このお証を聞き、一つのみことばが浮かびました。 「こういうわけですから、あなたがたはあらゆる努力をして、信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には敬虔を、敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には(神の)愛を加えなさい。これらがあなたがたに備わり、ますます豊かになるなら、あなたがたは、私たちの主イエス・キリストを知る点で、役に立たない者とか、実を結ばない者になることはありません。」(Ⅱペテロ1:5-8) これに続く、 「これらを備えていない者は、近視眼であり、」(9) も心に留まります。今回の旅をとおして、伝道、宣教とは何か、改めて教えられて感謝でした。
>> 続きを読む

No.105 10月8日
「霊修会」が終わりました。参加された皆さんは如何だったでしょうか。今回は「コロサイ書」をじっくり読み進めました。私は、使徒パウロが述べる「この福音は、あなたがたが神の恵みを聞き、それをほんとうに理解したとき以来、~」(1:6)の「理解」が感動をもって深められました。さらに「コロサイ書」を学んできたいと今思っています。 興味深かったのは、今回の霊修会のテーマが『今、迫りくる危機に備えて』でしたが、何が危機かというと、パウロは、教会が問題の中で「キリストをかしら」としなくなっていることが「危機」だと教えていることでした。実は問題は問題ではなく、問題の中で、私たちは何を聞いているのか?どこに目を注いでいるのか?これが私たちの問題なのです。よって今回の霊修会の焦点は、「キリストがかしら」「キリストをかしらとしていく」ことでした。また、「キリストをかしらとしていく」ということも改めて教えられました。私たちは、気がつくと自分が「かしら」となっています。先行するのはいつも自分で、そこに神の助けを求めていくという祈り…、しかし、みことばをじっくり読み進めていくと、先行が「自分」から「キリスト」へとリセットされ、祈りが「みことばを祈っていく」へ変えられていくのです。つまり「自分の願い」から「キリストの願い」へ、これこそ「キリストをかしらとしていく」ことです。また、コロサイ書では、「私」「あなた」でなく、常に「私たち」「あなたがた」と記されていることも心に迫りました。そうです。私たちは「キリストのからだ」であり、もう私は「私」でなく、「私たち」なのです。私は一人では不完全ですが、キリストのからだ(共同体)によって完全なのです。今回の霊修会は、共同体でみことばを読み進めていく恵みと健全さも改めて教えられました。以上の一つひとつは、今後の霊修会でも大切な柱となることでしょう。ハレルヤ。
>> 続きを読む

No.108 11月5日
今、キリスト教界では、「福音を捉え直す」という動きが、世界的な流れとしてあります。昨年神戸で行われた「日本伝道会議」のテーマも「Re-VISON(ビジョンを新たにする)」で、「福音とは何か?」が主題講演で語られました。「福音を捉え直す」とは、今日まで積み上げられてきた聖書学研究の成果でありますが、同時に、「ポストモダン(近代の後の時代)」に代表されるところの「変化」を世界中が実感している、また、地球温暖化など、これまでなかった問題に世界中が直面しているという要因も大きくあります。例えば、2011.3.11の東日本大震災は、特に東北の教会にとって、福音理解に大きな変化とチャレンジが与えられる出来事でした。 あなたは「福音とは何か?」と問われたら何と答えますか?「栄光の教会とは何か?」と問われたら何と答えますか?コロサイ1章6節で、使徒パウロは以下のように述べています。「この福音は、あなたがたが神の恵みを聞き、それをほんとうに理解したとき以来、あなたがたの間でも見られるとおりの勢いをもって、世界中で、実を結び広がり続けています。福音はそのようにしてあなたがたに届いたのです。」私たちの群れ(聖協団)はリバイバルを求め、そのための「熱心な祈り」に重点が置かれてきました。しかし聖書は、それと同時に、「神の恵みを本当に理解する」ことを重視しています。リバイバルとは、私たちの福音理解と切っても切れない関係にあるのです。これが、今、私に、迫っていることです。特に「霊修会」以来。「私はすでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕えようとして追及しているのです。」(ピリピ3:12)とのパウロ先生に倣い、私も「福音とは何か?」「教会とは何か?」の学びを止めないように、思考停止に陥らないように。
>> 続きを読む

ボクシ・ボイス

No.107 10月29日
先週10/21(土)22(日)は「グレースネットキャンプin南三陸」でした。西仙台、新潟、清瀬、練馬、船堀、大阪と各教会から集まり、西仙台の中澤先生が音頭を取ってくださって、東日本大震災からの復興状況を見学し、商店街で名産を買い物し、語り部さんから当時のことをお聞きし、そして東北キリシタンの史跡を廻りました。とても有意義で感銘を受ける二日間でした。そのうちの一つの「感銘を受けたこと」を記したいと思います。 土曜日、南三陸町の「ホテル観洋」での夕食の時、中澤先生は、三浦美香さんという方を私たちに紹介してくださいました。三浦さんは、あの日、従業員として働くホテル観洋で被災されました。そこからの“戦い”を切々と話してくださいました。三浦さんは復興のプロセスの中で中澤先生と出会いました。そして昨年5月に洗礼を受けられました。三浦さんは言いました。「私は、それまで宗教とは通過儀礼(冠婚葬祭)としか見ていませんでした。しかし中澤先生と出会って、宗教は心の支えであることがわかりました。また、中澤先生ご家族が被災者の方々に仕えておらえる姿をとおして、私もこのようになりたいと思いました。そして、その神さま、主イエスを信じ、洗礼を受けたいと中澤先生に申し出たのです。」 このお証を聞き、一つのみことばが浮かびました。 「こういうわけですから、あなたがたはあらゆる努力をして、信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には敬虔を、敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には(神の)愛を加えなさい。これらがあなたがたに備わり、ますます豊かになるなら、あなたがたは、私たちの主イエス・キリストを知る点で、役に立たない者とか、実を結ばない者になることはありません。」(Ⅱペテロ1:5-8) これに続く、 「これらを備えていない者は、近視眼であり、」(9) も心に留まります。今回の旅をとおして、伝道、宣教とは何か、改めて教えられて感謝でした。
>> 続きを読む

No.105 10月8日
「霊修会」が終わりました。参加された皆さんは如何だったでしょうか。今回は「コロサイ書」をじっくり読み進めました。私は、使徒パウロが述べる「この福音は、あなたがたが神の恵みを聞き、それをほんとうに理解したとき以来、~」(1:6)の「理解」が感動をもって深められました。さらに「コロサイ書」を学んできたいと今思っています。 興味深かったのは、今回の霊修会のテーマが『今、迫りくる危機に備えて』でしたが、何が危機かというと、パウロは、教会が問題の中で「キリストをかしら」としなくなっていることが「危機」だと教えていることでした。実は問題は問題ではなく、問題の中で、私たちは何を聞いているのか?どこに目を注いでいるのか?これが私たちの問題なのです。よって今回の霊修会の焦点は、「キリストがかしら」「キリストをかしらとしていく」ことでした。また、「キリストをかしらとしていく」ということも改めて教えられました。私たちは、気がつくと自分が「かしら」となっています。先行するのはいつも自分で、そこに神の助けを求めていくという祈り…、しかし、みことばをじっくり読み進めていくと、先行が「自分」から「キリスト」へとリセットされ、祈りが「みことばを祈っていく」へ変えられていくのです。つまり「自分の願い」から「キリストの願い」へ、これこそ「キリストをかしらとしていく」ことです。また、コロサイ書では、「私」「あなた」でなく、常に「私たち」「あなたがた」と記されていることも心に迫りました。そうです。私たちは「キリストのからだ」であり、もう私は「私」でなく、「私たち」なのです。私は一人では不完全ですが、キリストのからだ(共同体)によって完全なのです。今回の霊修会は、共同体でみことばを読み進めていく恵みと健全さも改めて教えられました。以上の一つひとつは、今後の霊修会でも大切な柱となることでしょう。ハレルヤ。
>> 続きを読む

No.108 11月5日
今、キリスト教界では、「福音を捉え直す」という動きが、世界的な流れとしてあります。昨年神戸で行われた「日本伝道会議」のテーマも「Re-VISON(ビジョンを新たにする)」で、「福音とは何か?」が主題講演で語られました。「福音を捉え直す」とは、今日まで積み上げられてきた聖書学研究の成果でありますが、同時に、「ポストモダン(近代の後の時代)」に代表されるところの「変化」を世界中が実感している、また、地球温暖化など、これまでなかった問題に世界中が直面しているという要因も大きくあります。例えば、2011.3.11の東日本大震災は、特に東北の教会にとって、福音理解に大きな変化とチャレンジが与えられる出来事でした。 あなたは「福音とは何か?」と問われたら何と答えますか?「栄光の教会とは何か?」と問われたら何と答えますか?コロサイ1章6節で、使徒パウロは以下のように述べています。「この福音は、あなたがたが神の恵みを聞き、それをほんとうに理解したとき以来、あなたがたの間でも見られるとおりの勢いをもって、世界中で、実を結び広がり続けています。福音はそのようにしてあなたがたに届いたのです。」私たちの群れ(聖協団)はリバイバルを求め、そのための「熱心な祈り」に重点が置かれてきました。しかし聖書は、それと同時に、「神の恵みを本当に理解する」ことを重視しています。リバイバルとは、私たちの福音理解と切っても切れない関係にあるのです。これが、今、私に、迫っていることです。特に「霊修会」以来。「私はすでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕えようとして追及しているのです。」(ピリピ3:12)とのパウロ先生に倣い、私も「福音とは何か?」「教会とは何か?」の学びを止めないように、思考停止に陥らないように。
>> 続きを読む

牧師:横田義弥

過去の「ボクシボイス」もご覧いただけます。以下のリンクより別ウィンドウが開きます。