牧師のコラム「ボクシ・ボイス」

毎週日曜日に教会でお配りしている「週報」に、横田牧師が載せているコラム「ボクシボイス」をご紹介します。

最新の3記事をご覧いただけます。

ボクシ・ボイス

No.129 4月8日
今、個人的に企画しているイベントがあります。題して『ジャガイモを植えて、育てて、食べよう!』です。私の実家(埼玉県飯能市)の畑で、文字通り、皆で種芋を植えて、途中一回草取りや土盛りに行って、最後は収穫して、料理して、皆で新ジャガを食べるというイベントです。自分で言うのも何ですが、実家の畑、山里の名栗川沿いのいい所なんです。先ずは、フレンズ・キッズの子どもたちと親御さん中心で行いますが、将来的には江古田地域の子どもたちや親御さんも参加できるイベントになればと願っています。やはり、自分で植えて育てて収穫したジャガイモの味は格別です。もちろん食物の恵み、創造主なる神さまの恵みも格別に味わうことができるでしょう。スーパーのビニール袋から始まるのと、畑の芋植えから始まるのでは雲泥の差です。「木を見て森を見ず」という諺がありますが「森を見る」という視点や想像力は大事です。このイベントがそのような視点の養いの一助になればとも願っています。 早速、今週4/7(土)は種芋植えです。畝を切って、枯葉肥料を蒔き、種芋を植えて、今回は私の母のアイデアで、近くの原っぱでヨモギを摘んで草餅も作ります。楽しみです。次回のオプションは名栗川で釣りかな。そうそう、収穫の頃(6月末)は蛍の時期、皆に見せてあげたいな~幻想的な蛍の舞を。やがては狩猟の免許を取って、飯能の山のイノシシや鹿を獲って、さばいて、食べるということもやりたいです。NGCの食卓に新鮮な野菜やジビエが並ぶ日が来るかも!? と一人で夢を膨らませています。兎に角、先ずはやってみます。
>> 続きを読む

No.128 4月1日
今、日本の多くの教会は高齢化が進んでいます。なので、日本の社会と同じように教会にも「限界集落」ならぬ「限界教会」が起こっていくのでしょう。いや、既に起こっています。このような事態に直面すると、教会に若者が集うような対策が必要だとベクトルを向けがちです。しかし、そうなのでしょうか。主イエスは、 「出て行って~福音を宣べ伝えなさい。」(マルコ16:15) と命じておられます。「集める」ではなく「出て行って」です。そして「福音」を宣べ伝えます。福音とはグッドニュースです。つまり「ああ、これはグッドニュースだ!」と思ったり感じたりするものです。言うまでもなく、こうすれば金持ちになるとか、運気が上がるとか、というものではありません。それは、真実に「人に良いもの」です。そして、その資源が聖書に、聖書のみことばに歩む私たちに与えられています。例えば、聖書の価値観で仕事をするということについて、結婚や夫婦関係や子育てについて、老いるということについて、他にも教育や政治や自然保護について、もちろん祈りや信仰について、等々、私たちクリスチャンは、それぞれの人生やキャリアの中で、「福音」を知的にも体験的にも受け取っています。そしてその福音は、私たちの隣人にも福音となるのです。 先週のスタッフミーティングで、4月の「クリーンデー(町内会の道路清掃)」で、参加者の皆さんにイースターのお祝いと感謝を込めて手作りクッキーをプレゼントしたら良いねとアイデアが上がりました。これも福音の一つになるでしょうか。「お金は目的でなく結果だ」とある社長さんが言っていましたが、教会も同じです。出て行って、福音を宣べ伝えていくとき、結果として教会に人は集まるのでしょう。「出ていく」とは「愛する」ということです。主イエスに倣い、出て行って、福音を宣べ伝えていきたいと思います。
>> 続きを読む

No.127 3月25日
今、日本の多くの教会は高齢化が進んでいます。なので、日本の社会と同じように教会にも「限界集落」ならぬ「限界教会」が起こっていくのでしょう。いや、既に起こっています。このような事態に直面すると、教会に若者が集うような対策が必要だとベクトルを向けがちです。しかし、そうなのでしょうか。主イエスは、 「出て行って~福音を宣べ伝えなさい。」(マルコ16:15) と命じておられます。「集める」ではなく「出て行って」です。そして「福音」を宣べ伝 えます。福音とはグッドニュースです。つまり「ああ、これはグッドニュースだ!」と思ったり感じたりするものです。言うまでもなく、こうすれば金持ちになるとか、運気が上がるとか、というものではありません。それは、真実に「人に良いもの」です。そして、その資源が聖書に、聖書のみことばに歩む私たちに与えられています。例えば、聖書の価値観で仕事をするということについて、結婚や夫婦関係や子育てについて、老いるということについて、他にも教育や政治や自然保護について、もちろん祈りや信仰について等々、私たちクリスチャンは、それぞれの人生やキャリアの中で、「福音」を知的にも体験的にも受け取っています。そしてその福音は、私たちの隣人にも福音となるのです。 先週のスタッフミーティングで、4月の「クリーンデー(町内会の道路清掃)」で、参加者の皆さんにイースターのお祝いと感謝を込めて手作りクッキーをプレゼントしたら良いねとアイデアが上がりました。これも福音の一つになるでしょうか。「お金は目的でなく結果だ」とある社長さんが言っていましたが、教会も同じです。出て行って、福音を宣べ伝えていくとき、結果として教会に人は集まるのでしょう。「出ていく」とは「愛する」ということです。主イエスに倣い、出て行って、福音を宣べ伝えていき たいと思います。
>> 続きを読む

ボクシ・ボイス

No.129 4月8日
今、個人的に企画しているイベントがあります。題して『ジャガイモを植えて、育てて、食べよう!』です。私の実家(埼玉県飯能市)の畑で、文字通り、皆で種芋を植えて、途中一回草取りや土盛りに行って、最後は収穫して、料理して、皆で新ジャガを食べるというイベントです。自分で言うのも何ですが、実家の畑、山里の名栗川沿いのいい所なんです。先ずは、フレンズ・キッズの子どもたちと親御さん中心で行いますが、将来的には江古田地域の子どもたちや親御さんも参加できるイベントになればと願っています。やはり、自分で植えて育てて収穫したジャガイモの味は格別です。もちろん食物の恵み、創造主なる神さまの恵みも格別に味わうことができるでしょう。スーパーのビニール袋から始まるのと、畑の芋植えから始まるのでは雲泥の差です。「木を見て森を見ず」という諺がありますが「森を見る」という視点や想像力は大事です。このイベントがそのような視点の養いの一助になればとも願っています。 早速、今週4/7(土)は種芋植えです。畝を切って、枯葉肥料を蒔き、種芋を植えて、今回は私の母のアイデアで、近くの原っぱでヨモギを摘んで草餅も作ります。楽しみです。次回のオプションは名栗川で釣りかな。そうそう、収穫の頃(6月末)は蛍の時期、皆に見せてあげたいな~幻想的な蛍の舞を。やがては狩猟の免許を取って、飯能の山のイノシシや鹿を獲って、さばいて、食べるということもやりたいです。NGCの食卓に新鮮な野菜やジビエが並ぶ日が来るかも!? と一人で夢を膨らませています。兎に角、先ずはやってみます。
>> 続きを読む

No.128 4月1日
今、日本の多くの教会は高齢化が進んでいます。なので、日本の社会と同じように教会にも「限界集落」ならぬ「限界教会」が起こっていくのでしょう。いや、既に起こっています。このような事態に直面すると、教会に若者が集うような対策が必要だとベクトルを向けがちです。しかし、そうなのでしょうか。主イエスは、 「出て行って~福音を宣べ伝えなさい。」(マルコ16:15) と命じておられます。「集める」ではなく「出て行って」です。そして「福音」を宣べ伝えます。福音とはグッドニュースです。つまり「ああ、これはグッドニュースだ!」と思ったり感じたりするものです。言うまでもなく、こうすれば金持ちになるとか、運気が上がるとか、というものではありません。それは、真実に「人に良いもの」です。そして、その資源が聖書に、聖書のみことばに歩む私たちに与えられています。例えば、聖書の価値観で仕事をするということについて、結婚や夫婦関係や子育てについて、老いるということについて、他にも教育や政治や自然保護について、もちろん祈りや信仰について、等々、私たちクリスチャンは、それぞれの人生やキャリアの中で、「福音」を知的にも体験的にも受け取っています。そしてその福音は、私たちの隣人にも福音となるのです。 先週のスタッフミーティングで、4月の「クリーンデー(町内会の道路清掃)」で、参加者の皆さんにイースターのお祝いと感謝を込めて手作りクッキーをプレゼントしたら良いねとアイデアが上がりました。これも福音の一つになるでしょうか。「お金は目的でなく結果だ」とある社長さんが言っていましたが、教会も同じです。出て行って、福音を宣べ伝えていくとき、結果として教会に人は集まるのでしょう。「出ていく」とは「愛する」ということです。主イエスに倣い、出て行って、福音を宣べ伝えていきたいと思います。
>> 続きを読む

No.127 3月25日
今、日本の多くの教会は高齢化が進んでいます。なので、日本の社会と同じように教会にも「限界集落」ならぬ「限界教会」が起こっていくのでしょう。いや、既に起こっています。このような事態に直面すると、教会に若者が集うような対策が必要だとベクトルを向けがちです。しかし、そうなのでしょうか。主イエスは、 「出て行って~福音を宣べ伝えなさい。」(マルコ16:15) と命じておられます。「集める」ではなく「出て行って」です。そして「福音」を宣べ伝 えます。福音とはグッドニュースです。つまり「ああ、これはグッドニュースだ!」と思ったり感じたりするものです。言うまでもなく、こうすれば金持ちになるとか、運気が上がるとか、というものではありません。それは、真実に「人に良いもの」です。そして、その資源が聖書に、聖書のみことばに歩む私たちに与えられています。例えば、聖書の価値観で仕事をするということについて、結婚や夫婦関係や子育てについて、老いるということについて、他にも教育や政治や自然保護について、もちろん祈りや信仰について等々、私たちクリスチャンは、それぞれの人生やキャリアの中で、「福音」を知的にも体験的にも受け取っています。そしてその福音は、私たちの隣人にも福音となるのです。 先週のスタッフミーティングで、4月の「クリーンデー(町内会の道路清掃)」で、参加者の皆さんにイースターのお祝いと感謝を込めて手作りクッキーをプレゼントしたら良いねとアイデアが上がりました。これも福音の一つになるでしょうか。「お金は目的でなく結果だ」とある社長さんが言っていましたが、教会も同じです。出て行って、福音を宣べ伝えていくとき、結果として教会に人は集まるのでしょう。「出ていく」とは「愛する」ということです。主イエスに倣い、出て行って、福音を宣べ伝えていき たいと思います。
>> 続きを読む

牧師:横田義弥

過去の「ボクシボイス」もご覧いただけます。以下のリンクより別ウィンドウが開きます。